【韓国の嘘】 米国で「慰安婦像公園」計画が最終段階 日本人会の悲痛な声も…注目の特別会合開催へ

NO IMAGE

【韓国の嘘】 米国で「慰安婦像公園」計画が最終段階 日本人会の悲痛な声も…注目の特別会合開催へ

1: LingLing ★ 2022/09/20(火) 22:06:24.58 ID:CAP_USER
米国で「慰安婦像公園」計画が最終段階 日本人会の悲痛な声も…注目の特別会合開催へ

アメリカ東部のペンシルベニア州フィラデルフィア市で、韓国系団体が慰安婦像を設置した公園を計画している問題が重要な局面を迎えている。この計画を担当する市の芸術委員会は、計画のプレゼンテーションと意見表明を行う特別会合を9月19日に、そして10月12日の定例会議で計画の是非を決する投票を実施すると発表した。

この投票で芸術委員会委員の過半数が賛成すれば計画は実行に移されることになる。慰安婦像には「組織的な性奴隷」「犠牲になったアジア、オセアニア、ヨーロッパの数十万人の少女と女性を記念するもの」という碑文まで刻まれる予定だ。

一体、なぜこのような事態がアメリカで起きているのか。また、これまでに何があったのかをその背景を取材した。

●市の中心部に計画された「慰安婦像公園」
アメリカ国内にはすでに10数か所に慰安婦像が設置されているようだが、1776年に独立宣言が採決され、アメリカが誕生した歴史あるフィラデルフィアの中心部に、「慰安婦像公園」の計画が発表されたのは、2021年2月のことだ。地元紙は、韓国系アメリカ人の市議などが韓国系団体と協力して、この話を推し進めてきたと報じている。

「公園と(慰安婦)像が一緒に作られるのは、世界で初めてのことです」。

計画を推進する韓国系団体の代表は説明会で、「過去と向き合わなければ、未来の世代に平和をもたらすことはできない」、「30年代から40年代にかけて日本が占領したアジア・オセアニアの国々から、20万人以上の少女や女性を性奴隷にした制度という歴史に触れることができる」といった意見を述べていた。

さらに、この像はカリフォルニア州グレンデール市に作られたものと同じものを想定しているという。ソウルの日本大使館前にある少女像とも同様のものだということだが、彼らはあくまで「芸術作品」と強調していた。

また、この像には以下のような碑文も刻まれることが判明する。

「この銅像は、1931年から1945年まで日本帝国陸軍による組織的な性奴隷制の犠牲になったアジア、オセアニア、ヨーロッパの数十万人の少女と女性を記念するものである」。

碑文の内容については日本政府の立場と違うところがみられる。日本政府は、1997年の閣議決定で軍などによる「強制連行」を直接示す資料はないとしている。また、「性奴隷」という表現については2015年の日韓合意で事実に反するため使用するべきではないと韓国側と確認したとしている。さらに、慰安婦の「数十万」という数字は史実に基づくとは言いがたいと説明している。

これでは、日本と韓国間にさらに亀裂を深めさせ、現地に在住する多くの日本人、特に子ども達の生活にも影響を与えることだろう。そして、そもそもなぜアメリカにこの銅像が設置される必要があるのか。さらに、この芸術委員会のメンバーには、歴史などの専門家はおらず、建築家、芸術家、彫刻家などで構成されている。この時点での説明会では、特段大きな反発もなく、計画を進めることが委員の予備投票で承認されてしまった。

●歴史的根拠は? 市の回答に疑問点が次々と…
2022年2月には、市による慰安婦像設置に関する説明と公聴会もオンラインで開催された。

この内容については、会議の中や事後に質問されたものについて、日本語でも回答が公開されている。(省略…)

【執筆:FNNワシントン支局 中西孝介】

https://news.yahoo.co.jp/articles/ea953c206d04c766f314591723cffad82c5ebe43


続きを読む

続きを見る(外部サイト)

かたすみ速報カテゴリの最新記事