【魂胆】AA!!やっぱりwwふるさと納税ww102億円流出ww川崎ww!!

【魂胆】AA!!やっぱりwwふるさと納税ww102億円流出ww川崎ww!!

【魂胆】AA!!やっぱりwwふるさと納税ww102億円流出ww川崎ww!!

ふるさと納税ふるさとのうぜい)とは、日本で2008年(平成20年)5月から開始された、地方と大都市の格差是正・人口減少地域における税収減少対応・地方創生を主目的とした寄附金税制の一つ。法律で定められた範囲で地方自治体への寄付金額が所得税や住民税から控除される。…
94キロバイト (13,292 語) – 2022年8月28日 (日) 20:09
やっぱりな~、って感じだな。在日朝鮮人に取られるふるさと納税か!ふるさと納税、止めたらいい。マトモナ川崎住民よ、搾取されるだけだ。何もかも取られて落ちぶれていくヘイト川崎か。まともじゃないナ。まあ、川崎なんて行く気もしないからどうでもいが、マトモナ川崎市民さん、乗っ取られるぞ!

1 バロキサビルマルボキシル(東京都) [US] :2022/09/21(水) 05:28:11.91ID:sBegR1ef0●

ふるさと納税、市税「流出」深刻…川崎市102億円「56万世帯超のごみ処理費に相当」

 2021年度、神奈川県と県内33市町村に集まったふるさと納税の寄付金は、計155億203万円で過去最多となったことが、総務省の調査でわかった。
これに対し、寄付に伴う住民税の控除額は今年度計595億4692万円で過去最多となり、横浜市や川崎市では、市税の「流出」が拡大している。

 寄付金の受け入れ額は、南足柄市が前年度比7937万円増の29億2126万円で県内トップ。市内で製造されるビールや化粧品などの返礼品が人気という。
ただ、ビール工場は来年閉鎖されるため、キャンプ場の宿泊券などの返礼品のPRに力を入れる。寄付の半額は事務経費などに充当されるが、
市財政課は「財政規模が大きくない自治体には、財源の大きなウェートを占める」とする。

 2位の鎌倉市は、加工肉やシャツの返礼品が人気を集めて17億394万円、3位は旅行クーポン券が人気の箱根町で12億8002万円だった。

 寄付先に選ばれた自治体には貴重な財源となるが、納税者が居住する自治体では住民税が控除され、税収が減ることになる。

 横浜市の市税流出額は22年度、前年度比53億1340万円増の230億890万円で全国トップ。一方でふるさと納税による昨年度の寄付は、
3億3708万円にとどまった。制度上、減収の75%分は国から穴埋めされるが、市財源課の担当者は「25%にあたる57億円超の市税を
失うのは影響が大きい」と頭を抱える。

 市はライバル自治体への対抗策として、2年前から返礼品を充実させる方針に力を入れ、最近では横浜中華街の点心詰め合わせ、
高級ホテルの宿泊券など49種類を追加し、巻き返しを図っている。

 横浜市よりも深刻なのは川崎市だ。今年度は102億9132万円の税収が流出したが、国から「市の財政状況は豊か」と判断されているため、
国からの補填はない。失われる税収は、市内全世帯の4分の3にあたる56万世帯超のごみ収集と処理費に相当する。

 市財政課の担当者は「行財政改革などで減収分の財源を確保し、市民生活に影響が出ないようにしている。国に制度の見直しを求めたい」と語る。

全文
https://www.yomiuri.co.jp/economy/20220915-OYT1T50086/

続きを読む

続きを見る(外部サイト)

知っ得情報ニュースカテゴリの最新記事