【朝鮮停戦協定締結70周年】「戦闘機300機、横田基地を離陸して平壌猛爆撃」72年前の韓国戦争資料を公開した米国

【朝鮮停戦協定締結70周年】「戦闘機300機、横田基地を離陸して平壌猛爆撃」72年前の韓国戦争資料を公開した米国

【朝鮮停戦協定締結70周年】「戦闘機300機、横田基地を離陸して平壌猛爆撃」72年前の韓国戦争資料を公開した米国

1: ばーど ★ 2023/01/16(月) 15:00:54.04 ID:xpI9zc5X
no title
韓米同盟と停戦協定締結70周年を迎えた今年、米国が韓国戦争(朝鮮戦争)当時の平壌(ピョンヤン)・新義州(シンウィジュ)など北朝鮮核心地域爆撃計画と場面が入った写真を公開した。

国連軍司令部のソーシャルメディアには、韓国戦争当時に北朝鮮の平壌を爆撃する内容の文と数枚の写真が掲載された。この写真は米空軍が提供した。国連軍司令部は「1951年1月9日に国連軍が後退から反撃に態勢を転換し、B-29爆撃機を含む軍用機300機が平壌などの地域を猛打した」と説明した。

また米軍将校が韓半島と日本が描かれた大型地図を背にして立ちながら北朝鮮新義州を指している写真を公開したが、国連軍司令部は新義州が「(爆撃機戦力が)よく向かった目標地点」と説明した。

特に国連軍司令部は「東京付近の横田空軍基地が出発点だった」と明示した。横田空軍基地は日本にある国連軍司令部後方基地7カ所の中の一つ。

国連軍司令部の後方基地は日本本土の横田、横須賀、佐世保、沖縄の嘉手納、普天間などにある。国連軍司令部は韓半島有事の際、これら基地に集結する国連軍司令部戦力提供国(加盟国)の戦力を韓半島に展開する役割を担う。

(略)

中央日報日本語版 2023.01.16 08:50
https://japanese.joins.com/JArticle/299935


続きを読む

続きを見る(外部サイト)

かたすみ速報カテゴリの最新記事