韓国、1日でも怒らなければ損をする憤怒の禁断現象「世界唯一の火病というものを持つアングリー社会」

韓国、1日でも怒らなければ損をする憤怒の禁断現象「世界唯一の火病というものを持つアングリー社会」

韓国、1日でも怒らなければ損をする憤怒の禁断現象「世界唯一の火病というものを持つアングリー社会」

1: ジャンピングDDT(愛媛県) [UA] 2022/11/22(火) 15:45:45.90 ID:Tf/COYdj0● BE:135853815-PLT(13000)
kr250

【コラム】政治の品格、国の品格=韓国

(略)

事故25日目、政略・免避で対立する私たちを振り返らせる。「優しく生きなさい」「それなら罪を犯すな」「がんの塊」「口から汚物が飛び出してくる」「つまらない雑説口を閉じろ」「いっそ舌かんで死ぬべき」「生涯を人の裏調査をして監獄に放り込んだ検事が」「あなたこそしっかりやりなさい」…。

韓国国会の赤裸々な素顔だ。「政権ですら前政権から居座る人がいっぱいでだれが敵か味方かわからない万人対万人の闘争」というのがベテラン与党議員が伝えた民意の殿堂だ。上がこうだからか。すべての傷を抱き止めるべき聖職者まで加勢する。「大統領専用機が墜落するように願ってやまない」と。背筋が寒くなる。引き裂かれた遺族の気持ちなどお構いなしに犠牲者の名前をまき散らす。

1日でも怒らなければ損をする。憤怒の禁断現象だ。社会学者の表現通り「世界唯一の火病というものを持つアングリー社会」だ。憎悪の沈殿物である韓国の年間告訴・告発は49万件で日本の50倍だ。チョ・グク氏のスキャンダル直後である2020年12月には政界の訴訟乱発により月5万件を超え2008年の金融危機以降で最高だった。震源? 政治だ。理念・支持政党・貧富・性別・学歴・世代・宗教の7項目の体感対立指数がすべて1位(英キングス・カレッジ、2021年調査)の世界トップの汚名につながってきた。

(略)

中央日報
https://japanese.joins.com/JArticle/298014


続きを読む

続きを見る(外部サイト)

かたすみ速報カテゴリの最新記事