日本のジャーナリスト、「事実をありのままに伝えること」はあまり重視していないと判明

NO IMAGE

日本のジャーナリスト、「事実をありのままに伝えること」はあまり重視していないと判明

1: ジャンピングDDT(愛媛県) [UA] 2022/11/22(火) 12:46:02.44 ID:Tf/COYdj0● BE:135853815-PLT(13000)

水島六郎 @mizloq
「あなたの仕事で『事実をありのままに伝えること』はどのくらい重要ですか? 5段階で答えてください」という問いに「extremely important」「very important」と答えたジャーナリストの比率

米国 98.3%
フランス 96.5%
英国 93.0%

日本 65.1%
https://worldsofjournalism.org/country-reports/

20個ほどの「ジャーナリズムの役割候補」を並べてそれぞれの重要性を5段階で答えさせるアンケートなので恣意性はない。The Worlds of Journalism Study が実施した68カ国横断アンケートで『事実をありのままに伝えること』がトップに来ないのは主要国で日本くらい
https://i.imgur.com/nRzv3M2.jpg

日本の「ジャーナリスト」たちがそれよりも段違いに(実際比率がガクンと違う)重要と考えているのが
「政治リーダーの監視と精査」
「時事問題の分析の提供」
「人々の政治的決定に必要な情報の提供」
の3つ。

・・・いや、そんなのはまず事実をありのままに伝えたあとの話だろ

主な国のジャーナリストの回答(自分の仕事の中での各項目の重要性を”extremely important” “very important” と答えたジャーナリストの比率)を並べて色つけしてみた。それぞれのお国柄はあるけど、それにしても日本のジャーナリズムの異様さがいくつか際立ってる
https://i.imgur.com/Fv5q7Ko.jpg

「事実をありのままに伝える」がトップでないのはこの中で(中露も含めて)日本だけ。「政治的アジェンダを設定する」をジャーナリズムの重要な仕事と考えている率が異様に突出。「客観的な観察者であること」「人々が意見を表明できるようにすること」に重要性を感じている率が低い。

https://togetter.com/li/1976688

続きを見る(外部サイト)

はや速カテゴリの最新記事